赤ちゃん用ウォーターサーバーはどれがいい?妊婦さんのための安心ウォーターサーバー

一人用ウォーターサーバーはこのポイントで比較する

読了までの目安時間:約 2分

 


ウォーターサーバーはファミリー向けのみ、と思っている人もいるかもしれません。

しかし、一人用のメリットもあります。

 

まずは、もちろんきれいな水がいつでも飲める事です。

住んでいる場所によっては、水道水が低品質の所もあります。

 

しかしその対策として、いちいちペットボトルの水を買っていては、コストもかさむしゴミ捨ても大変です。

また、いつでも温水が使えるというのも、メリットの1つです。

 

忙しい朝やコップ一杯の水を沸かすのが面倒な時などに、大変便利です。

購入する時のポイントは、水の購入システムと値段です。

 

たいていのウォーターサーバーを提供している会社では、1つのボトルが12リットル入りです。

1人が一ヶ月に消費する飲料水の量が大体12リットルですが、生活スタイルによってさらに少なくても十分な場合があります。

 

1本だとちょうどいいのですが、最低購入を2本以上にしていたり、毎月購入するシステムになっている会社もありますので、確認が必要です。

また、ボトルを回収するシステムだと働きに出ている人は回収スケジュールが合わない場合もありますので、使い捨てボトルやワンウェイ方式を選びましょう。

 

ウォーターサーバーの値段は、水代金・サーバーレンタル代・電気代の3種類あります。

水代金は12リットル入1本が大体2000円前後です。

 

安い場合は品質が水道水と変わらないのもあるので、よく確認する必要があります。

また電気代は約1000円で、サーバーはレンタル代無料の所もありますのでチェックしましょう。

 

ウォーターサーバーの基礎知識   

この記事に関連する記事一覧